我が家の梅ものがたり その1

 随分長い間ブログをさぼっていた。Facebookには結構頻繁に投稿していたのだが、ブログの方はほったらかしにしてしまった。その間に母を見送り、既に4ヶ月以上過ぎた。また少しずつブログを書いてみようかと思っている。

 今日は我が家の梅干つくりについて。
今年は梅が不作で、あまり多くは取れなかったが、それでも33キロの収穫だった。そのうち5キロを叔母に送り、残りを我が家の梅干しにした。一粒ずつ洗ってヘタをとりながら点検すると結構駄目なのもあって、漬けられたのは23キロ。IMG_2262.jpg
我が家では塩分12%で漬けることにしている。ずっと以前は18%だったが、徐々に減らして、昨年からは12%に落ち着いた。

 今年は熟しているものもかなりあったので、青味が残っている梅と熟して黄色くなった梅を分けて漬けた。それが6月14日。IMG_2263.jpg

 それから毎日桶を覗いて梅の様子を見ていると、青い梅を漬けた方の梅酢が少し濁り始めた。これは発酵が始まってしまったのだと思って、どうしようかと考える。ネットで調べてみると、梅をすべて取り出して、梅酢を煮沸すると書かれていた。その際酸が強いので、ホウロウの鍋を使うよう注意書きがされていた。我が家にはこれだけの梅酢が入るようなホウロウの鍋がない。仕方がないので少し大きいホウロウ鍋を探したら、amazonで安売りをしているのが見つかった。さっそくそれを購入。

 翌日届いたので、梅を取り出し、梅酢を煮沸する。梅酢が冷める間に梅を一つ一つ焼酎であらう。梅酢が冷めたところで、一粒ずつ塩をまぶして漬け込んだ。したがって、今年の梅干しは12%よりやや塩分が強くなった。

 梅はすべて取ったと思っても、取り残しがあり、毎日落ちる。落ちたのは完熟なので、それを拾って再び梅干し用に漬けた。それが約2キロ。これはガラス瓶に入れて、ビニール袋に入れた水で重石にした。

 6月25日、紫蘇漬けにする紫蘇を買ってきて、よくアク抜きをする。IMG_2286.jpg
紫蘇の葉を茎から外して、塩を振りよく揉むと、泡が出て絞ると黒っぽい水が出る。これを2回繰り返してアク抜きが終了。それぞれの桶と瓶に紫蘇をいれ重石をする。

 翌日には梅酢がきれいな紫色になった。煮沸した梅酢もすっかりきれいになり、透明な紫色をしている。IMG_2296.jpgIMG_2297.jpg

 これらの梅干したちを毎日点検していると、なんだか可愛くなってしまう。こんな気持になったのは初めてだが、可愛い梅干したちを土用干まで毎日点検していこうと思っている。
関連記事
プロフィール

まり子

Author:まり子
茨城県取手市在住。
所属団体、
 「放射能NO!ネットワーク取手」
 「市民オンブズマンいばらき」
 「放射能からいのちと守る茨城ネット」
 「取手駅西口の住民訴訟をすすめる会」
 「谷中子ども文庫」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR