所用って?

2か月以上もブログをサボってしまった。最近はfacebookばかり見ているからだ。facebookだと、記事を書くにしても短くていいし、知人の記事に「いいね」したり、シェアしたりできるので、簡単に自分の気持ちを表現できるのが便利だ。

ブログも書こうとは思うのだが、ついつい後回しになってしまう。

 さて、今日の記事は取手市議会について。市議会から来る「ひびきメール」を見て、この人たちの行動が理解できないからだ。この人たちというのは、議会運営委員会委員長の入江議員と福祉厚生常任委員会委員長の山野井議員の2名である。この二人は、今議会中にそれぞれ2日連続して欠席している。入江議員は9日と10日、山野井議員は13日と14日。入江議員は14日には早退している。理由はいずれも「所用」とある。所用っていったい何?議員にとって議会を休んでまでやらなければならない用事って何だろう。議員にとって最も重要な用事は議会だと思うのだが。

 私事で恐縮だが、私は12年半の議員生活の中で欠席したのは病気の1日だけだった。この日は熱が高くてとうとう休んでしまったのだ。2016年第2回定例会だけで2日も欠席するってどういうことなのだろう?議員として自覚が足りないのかもしれないと思ってしまう。本当に市民が納得できるような理由で休むなら、「所用」でなく、きちんとその用件を書いてほしい。そうしなければ、市民は議会を休む正当な理由があるのかどうかわからないからだ。

 選挙の時だけ良いことを言って、当選したら自分の用事を優先するような議員がいるとしたら、それは問題だ。今回の2名がそうであると決めつけるわけではないが、正当な理由を書かないと誤解をうけるかもしれない。
関連記事
プロフィール

まり子

Author:まり子
茨城県取手市在住。
所属団体、
 「放射能NO!ネットワーク取手」
 「市民オンブズマンいばらき」
 「放射能からいのちと守る茨城ネット」
 「取手駅西口の住民訴訟をすすめる会」
 「谷中子ども文庫」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR