楽しかった再会

 少し古くなってしまったが、17日の日曜日にオーストラリアの長男が訪ねてきてくれた。彼は高校生のとき1年間我が家にホームステイして藤代高校に通っていた。もう45歳になって、今は医者になっている。

 今回は白馬へスキーに来たのだが、その一日を割いて我が家に遊びに来たのだ。2年前には家族連れで来たのだが、今回は1人でスキーに来た。理由は奥さんの妊娠である。10歳になる息子はお母さんと一緒でなければ日本に行かないといって、留守番をしたそうだ。彼は4日に来て19日に帰国したのだが、14日に彼の友人が来日し、その友人を連れて遊びに来た。

 今回はどこへも行かず、家でおしゃべりをしたり、食事をしたりした。
Gavin.jpg
(正面に居るのが我が家の長男Gavin)

 オーストラリアの医者は随分ゆったりしていると思った。日本の医者は2週間も休みをとって外国にスキーに行く暇などないのではないかと思うのだが。

 「お母さん、ジュウヨンダイはどこで買える?」と言うので、私は何のことかわからず、「?」状態。聞いてみるとホテルのバーで飲んだ日本酒が美味しかったので、買って帰りたいと言う。「ジュウヨンダイ?」それが超有名なお酒の名前だということを私は知らなかった。息子は酒を飲まないのだが、『ジュウヨンダイ』の事を知っていて、「それはなかなか手に入らない」と言ったが、帰るまでに買えるかどうか調べてみると言ってネットで検索をした。すると有楽町のビックカメラにあることが分かったが、値段は1本25,000円もした。

 その日は夫の誕生日だったので、息子は牛久のケーキ屋に頼んであったバースデーケーキを取りに行ったのだが、なかなか帰って来ない。Gavin は「渋谷までケーキ取りに行ったの?」と笑っていた。随分時間が経ってから帰ってきた息子は日本酒を1本買ってきた。その酒は『獺祭』という酒だった。

dassai.jpg

 このお酒もめったに手に入らないものだそうだが、龍ケ崎の酒屋にあったとのこと。その酒屋は獺祭の正規販売店だからか、プレミアを付けずに、獺祭の磨き39%720mlを2,500円ぐらいで売っていたとのこと。一人1本限定の販売だったそうだ。『十四代』も年に何本か取り扱っているが、お得意様限定の販売だと聞いてきた。あとでネットで調べたら、『獺祭』の同じ商品が8,000円から9,000円ぐらいで売られていた。

 Gavinたちは大喜び。「今飲む?」と聞いたら「持って帰る」と言う。お土産にして向こうでゆっくり飲むつもりらしかった。

 一緒に来た友人は日本が初めてだったが、お昼に用意したお刺身も赤飯も美味しいと言って良く食べてくれた。驚いたのはタクアンをポリポリポリポリ食べたこと。夕飯のすき焼きも大いに気に入ってくれて良かった。生卵は抵抗があるかと思ったが、二人とも平気で生卵をつけて食べていた。

 楽しかった一日も終わりになって、二人は笑顔で帰っていった。また2年後ぐらいには来るかもしれないと言っている。


 

関連記事
プロフィール

まり子

Author:まり子
茨城県取手市在住。
所属団体、
 「放射能NO!ネットワーク取手」
 「市民オンブズマンいばらき」
 「放射能からいのちと守る茨城ネット」
 「取手駅西口の住民訴訟をすすめる会」
 「谷中子ども文庫」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR