藤井さん、嘘を書くのはやめませんか?

 2日ぐらい前のことだが、藤井しんご氏の名前でまたチラシが送られてきた。またもやタウンプラスである。おかしいと思って県の選管に以下のように問い合わせをしてみた。
 私「統一地方選がらみでチラシが送られてくるのだが、タウンプラスという方法で不特定多数に送るのは公職選挙法違反ではないのか」
 選管「私達は違法かどうかを判断する立場にないので、一般論を言えば、法に抵触する可能性はあるでしょうね。違法かどうかを判断するのは警察です。」
というようなことだった。そこで警察にも問い合わせてみたら、「書かれた内容や配布した部数を調べなければ判断できない」とのこと。
誰もきちんと判断しないんだということが分かった。責任を取りたくないのかも。

 そのタウンプラスで送られてきたチラシの中に私の写っている写真が使われている。このことは既に何人かの友人から電話で問い合わせがあったのだ。「小泉さん、藤井さんのチラシに載ってる写真を使っていいって承諾したの?」友人たちはみなそのことを気にしていた。その時点では私はまだチラシを見ていなかったが、「私が承諾するわけないでしょ。」と答えていた。
 その曰くつきのチラシが送られてきたのだ。写っている写真というのは、藤代駅のエスカレーター・エレベーターの開通式でテープカットをしている写真だった。当時私は常任委員長だったので、公人として参加し撮られた写真なので、市の広報に載せられるなら文句を言える筋合いではない。また、藤井氏のチラシに載せられるにしても「許諾済みの写真を使用」と書いて無ければあえて取り上げたりしないのだが、わざわざ「許諾済みの写真を使用」と書かれていると、「嘘つくんじゃないよ」と言いたくなる。放射能汚染の問題で市長を訪問しても、私の顔を見るなり、顔を真っ赤にして怒る藤井さんなのだから、何もその大っ嫌いな私の写っている写真を使うこともなかろうにと思ってしまう。

 細心の注意を払ってチラシを作ればいいのに、そうすれば何も文句を言われずに済むのに。藤井さん、もう少し心配りを見せてくださいね。

関連記事
プロフィール

まり子

Author:まり子
茨城県取手市在住。
所属団体、
 「放射能NO!ネットワーク取手」
 「市民オンブズマンいばらき」
 「放射能からいのちと守る茨城ネット」
 「取手駅西口の住民訴訟をすすめる会」
 「谷中子ども文庫」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR