奇跡の人?

 母は92歳になったが、相変わらず良く寝、よく食べ平穏な日々を送っている。先日訪問診療のお医者様がみえて、「この人は学会に発表してもいいくらいね。」とおっしゃった。ケアマネージャーも「フミさんはもう医療の常識を超えてるからこれからどうなるか想像がつかない。」と言っておられる。

 一昨年の11月に大動脈解離で入院し、5ヶ月後に退院した。90歳で大動脈解離を患って生きていることがまずあり得ないことらしい。若い人ならすぐに手術して命を取り留めるというような大病なのだが、高齢のため手術もできず、安静にして様子をみていたら、状態が安定して現在に至っているのだ。発症した頃は、「5分後に亡くなってもおかしくない」と言われていたのがまるで嘘のようだ。もしかして母は奇跡の人?
関連記事
プロフィール

まり子

Author:まり子
茨城県取手市在住。
所属団体、
 「放射能NO!ネットワーク取手」
 「市民オンブズマンいばらき」
 「放射能からいのちと守る茨城ネット」
 「取手駅西口の住民訴訟をすすめる会」
 「谷中子ども文庫」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR