裁判の報告会

 福祉交流センターで西口裁判の報告会を行なった。今日は取手市長選の公開討論会の日で、開催時間もぴったり合致してしまったため、報告会の参加者は20人弱と少なかった。私が原告団を代表して挨拶し、そのあと大久保弁護士から裁判の経過と争点について説明していただく。

 大久保弁護士の説明の後参加者との質疑応答。初めて参加したという方からいろいろな意見が出た。
 
 鑑定士によって鑑定価格は変わってくるというような話題になった時、私が議員だった時の議会でのやりとりを取り上げてみた。その時、私は「村上鑑定士と随意契約したのは問題である、本来は入札を行うべきだった」と主張したが、当時の海老原中心市街地整備課長の答弁は「取手市契約規則23条の但し書き(3)に水道,電気及び電話等の役務の提供にかかる契約をするときに随意契約ができるとあるので、同じ役務費である鑑定士との随意契約は何の問題もない」というものだった。この話をすると、参加者から「民間ではそんな言い訳全く通じない。課長たるものがそんなことを言うなんて到底考えられない。」という意見が出された。つまり、同じ役務費でも水道、電気、電話など、競争が無いものと、普通の役務費は全く異なるので、随意契約が認められるはずがないというご意見のようだった。私の考えと全く同じである。私はこのことを議会で複数回に渡って取り上げたが、海老原課長は同じ答弁を繰り返すばかりだった。

 この答弁を崩せなかったので、私達が提案した「取手駅北C街区事業提案公募区域内の公有地の不動産再鑑定を求める決議」も否決されてしまったのだと思う。あの時この答弁を崩せたら、その後の経過も変わってきたのだろうと思うと、自分の非力が情けなくなった。

 質疑応答のあと、「取手駅西口開発の住民訴訟をすすめる会」の代表だった石井喜久雄氏が昨年亡くなられたので、その後任として新しい代表を選出した。新代表は畑千恵子氏に決定した。
関連記事
プロフィール

まり子

Author:まり子
茨城県取手市在住。
所属団体、
 「放射能NO!ネットワーク取手」
 「市民オンブズマンいばらき」
 「放射能からいのちと守る茨城ネット」
 「取手駅西口の住民訴訟をすすめる会」
 「谷中子ども文庫」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR