水戸地裁へ

 今日は住民訴訟のために水戸地裁へ行ってきた。原告のうち4人が車に同乗して出かけた。私は高速道路を運転したことがないので乗せて頂くばかりである。水戸までは1時間半ぐらいだった。午後4時半に始まる裁判の10分前ぐらいに到着したのでちょうど良い具合だった。

 今日の裁判はラウンドテーブルという方式だ。大きなテーブルの真ん中に裁判官が座り、その両側に原告側と被告側が向かい合って座る。今までの口頭弁論とは違ってすこしゆるやかな感じがした。今まで良く聞こえなかった裁判長の声も、テーブルを囲んでいるのでよく聞き取れた。
 テーブルを囲んで少し詳しく話し合うのかと思ったら、結局準備書面をいつまでに出すか、反論をいつまでに出すか、次回の裁判をいつにするかということしか話し合われなかった。

 当方では今日第4準備書面と第5準備書面を提出して、被告側の第4準備書面に反論したのだが、次回は被告側が当方の主張に反論することになっている。だが、今回提出した当方の準備書面は筋道がしっかりしているので、相手方は反論できるのだろうか?と思った。それでも何とかして反論してくるのだろうが・・・・。

 裁判所の夏季休廷もあって、次回の裁判は9月19日午前11時からと決まった。このとき裁判所がなんらかの意見を述べると言う。結審も含めて裁判所の考えを述べるというのだが、このまま結審してしまったのでは不十分だと思う。当方としては証人尋問をしてもらいたいと考えている。

関連記事
プロフィール

まり子

Author:まり子
茨城県取手市在住。
所属団体、
 「放射能NO!ネットワーク取手」
 「市民オンブズマンいばらき」
 「放射能からいのちと守る茨城ネット」
 「取手駅西口の住民訴訟をすすめる会」
 「谷中子ども文庫」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR