FC2ブログ

訪問入浴

 現在母は週に1回訪問入浴を利用している。私は訪問入浴というシステムがあることは以前から知っていたが、どんなふうに行うのかという実際は何も知らなかった。母がこのサービスを利用するようになって、素晴らしいサービスだということを実感している。

 まず床に防水シートを敷いて2分割された浴槽をセットする。
nyuyoku1.jpg

 そこに車で沸かしたお湯を張る。入浴サービスの車には大きな湯沸し器が付いていて、その場でお湯を沸かすことができる。このお湯はマンションの3階か4階ぐらいまで上げることができるそうだ。駐車場から母の病室までは少し距離があるので心配していたが、長いホースがあるので、何の問題もなかった。

 次に、お湯を張った浴槽にハンモックのような白い網状のものを取り付ける
nyuyoku2.jpg

 このハンモックのようなものの上に利用者を寝かせて入浴させるのだ。ここに寝た状態で体重を測ることもできる。

 母は介助者2人に抱きかかえられて浴槽につかる。頭から足先まで丁寧に洗ってもらうのだ。
nyuyoku3.jpg

 体が温まってとても気持ちよさそうだ。希望すれば爪切りや耳の掃除などもしてくれる。看護師が付いてきて、入浴前と入浴後に体調管理もしてくれるのでとても安心。母が入浴している間にベッドのシーツ交換もしてくれるので、私は非常に助かっている。

 介護保険が無かった時代はどうやっていたのだろうと考えると、今の高齢者はこんなサービスを受けられてずいぶん暮らしやすくなっていると思う。サービスをするのは大変な仕事だと思うが、皆とてもやさしく母に接してくれて有難い。


関連記事
プロフィール

まり子

Author:まり子
茨城県取手市在住。
所属団体、
 「放射能NO!ネットワーク取手」
 「市民オンブズマンいばらき」
 「放射能からいのちと守る茨城ネット」
 「取手駅西口の住民訴訟をすすめる会」
 「谷中子ども文庫」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR