FC2ブログ

公益財団法人「震災復興支援放射能対策研究所」

 今日の東京新聞に「無料検査『力尽きるまで』」という記事があった。福島県平田村の民間病院内にある公益財団法人「震災復興放射能対策研究所」のことを書いた記事だ。この研究所では年齢や居住地に関係なく無料で検査を行っているという。今までに延べ5万人の検査をおこなったが、すべて病院の収入と企業や個人からの寄付でまかなっているとのこと。国や県に資金援助を求めているが叶わないそうだ。
 この研究所では「放射能への不安が薄れつつあるが、今後10年間は半年に一度の検査をしてほしい」と受検者に呼びかけており、継続した検査の重要性を説いているとのことだ。

 ホームページを見てみたら、とてもわかり易く放射能検査の必要性が書かれている。自治体との連携をすすめており、連携自治体の住民の検査は優先されると書かれていた。茨城県では牛久市が提携している。取手市も提携を申し出てほしいと思った。

このような研究所があることを私は今日まで知らなかったが、皆さまも是非一度このホームページを訪れてみてほしい。この研究所の活動が広く認められ長く続くよう願っている。

ひらた放射能検査センター
関連記事
プロフィール

まり子

Author:まり子
茨城県取手市在住。
所属団体、
 「放射能NO!ネットワーク取手」
 「市民オンブズマンいばらき」
 「放射能からいのちと守る茨城ネット」
 「取手駅西口の住民訴訟をすすめる会」
 「谷中子ども文庫」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR