市民オンブズマンいばらき幹事会

 土浦の県南生涯学習センターで市民オンブズマンいばらきの幹事会があった。初めの議題は市民オンブズマンいばらきが会として取り組んでいた県の談合裁判の結果報告である。新聞にも報道されたので既にご存知の方もおられるだろうが、結果は残念ながら棄却であった。理由は落札率が高くても談合があったとは限らない。実際落札率が非常に低くても公取が談合を認めた例もあるのだから、落札率だけで談合だと決め付けることは出来ないというのが主な理由であった。談合に関する基本合意ができていたと推論することはできるが、個別案件での合意が成立しなかった可能性を否定することはできないというのだ。数百件ある契約案件のうちのたった3例が低い落札率で、あとはすべて95%を超えるというのに、たった3例の例外を重く捉えての判決であり、到底納得できるものではない。しかし、この先上告しても新たな個別案件での合意の証拠がでてくる見込みもなく勝訴の望みがないので、控訴は断念せざるを得ない。

 続いての議題は10月26日に行う講演会の打ち合わせ。この講演会は県南生涯学習センターウララ主催のまなびフェスタ参加事業である。市民オンブズマンいばらきは毎年このフェスタに参加している。今年はNPO法人情報公開クリアリングハウス理事長である三木由希子氏をお招きし、「情報公開法改正案」について講演していただく。オンブズマン活動の原点とも言える情報公開について、法改正案の要点をしっかり学んで今後の活動に生かしていきたいと企画したものである。

 だれでも参加できる企画なので、興味を持たれた方は以下のリンクをご覧になって是非参加していただきたい。
フェスタチラシ


 そのあと、検察審査会制度について、最高裁はじめ法曹界の情報公開が非常に遅れていることなどについて話し合って終了した。


関連記事
プロフィール

まり子

Author:まり子
茨城県取手市在住。
所属団体、
 「放射能NO!ネットワーク取手」
 「市民オンブズマンいばらき」
 「放射能からいのちと守る茨城ネット」
 「取手駅西口の住民訴訟をすすめる会」
 「谷中子ども文庫」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR