静かなアピール

 昨日のことだ。県議補選の中村候補の応援に復興大臣が来るというので、原発事故子ども・被災者支援法の早期実施を求めてパフォーマンスをしようということになった。私達の放射能NO!ネットワーク取手と一緒にアピールした団体は、とりで生活者ネットワーク、生活クラブ生協まち取手である。

 白いビニール傘に私達の主張を書いて、復興大臣に見てもらうという、ただそれだけの行為だが、少しはアピールになるかなと思って実行した。

 まず、藤代のヤオコー前、復興大臣が見えたところで、私達は一斉に傘を広げた。何事?とおもった人もいるようだが、事前に記者クラブに取材の要請をしていたので、新聞記者が写真を撮ってくれた。今朝の朝日新聞に写真入りで紹介されている。

 これがアピールの写真。
被災者支援法
 
 午後は取手駅西口で同様のアピールを行った。こちらにはダンボールに主張を書いて訴える人がいた。2人の男性が脱原発を訴えていた。

関連記事
プロフィール

まり子

Author:まり子
茨城県取手市在住。
所属団体、
 「放射能NO!ネットワーク取手」
 「市民オンブズマンいばらき」
 「放射能からいのちと守る茨城ネット」
 「取手駅西口の住民訴訟をすすめる会」
 「谷中子ども文庫」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR