竹切りの媼

 我が家はここ数年庭の手入れを殆ど出来ずにいたので、垣根の中やその周り、また、庭の真ん中近くにある池のそばにも篠竹が生えてしまって手を焼いている。12月頃から一念発起して竹を取り除く作業を始めた。とにかく切っても切っても際限なく竹が生えている。12月に切ったのは、地区のどんど焼きで使ってもらったが、使い切れない分は短く切って燃えるゴミとして出した。

 お正月早々竹切りするのもはばかられるので1月の初めは休んでいた。そのうちに家族が順番に風邪気味となり1月の竹切りはできなかったので、今月になってまた再開した。ラチェット式太枝切り鋏も購入したので、それで切るとノコギリの何倍も早く切れる。

 竹は切ったまましばらく放置しておいてあとで燃えるゴミにしようとすると、葉っぱが落ちて手に負えなくなるので、燃えるゴミの日の前日ぐらいに切るのが良いということが分かった。

 それで月曜日のゴミの日に合わせて昨日も夫と息子と私の3人で北東側の垣根の中の竹を切った。200本ぐらいは切ったと思う。それをゴミに出せる長さに切ってまとめる。この作業が思ったより時間がかかった。

 直径50㌢ぐらいの太さにまとめたゴミが8束も出来た。それでもまだまだ竹は生えている。何年も放置してしまったので、密生していて大変だ。隙間がなくて鋏が入らないところもある。そういう所は先の細い電動ノコギリを使った。

 北東側の垣根はあと3分の1ぐらい残っているし、南東側の垣根もある。そして家の中にも竹・竹・竹・・・・。ああ、いつ終わることやら。ため息ばかりである。

プロフィール

まり子

Author:まり子
茨城県取手市在住。
所属団体、
 「放射能NO!ネットワーク取手」
 「市民オンブズマンいばらき」
 「放射能からいのちと守る茨城ネット」
 「取手駅西口の住民訴訟をすすめる会」
 「谷中子ども文庫」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR