領土分割

 領土分割というとかなり大仰なのだが、実は犬達の部屋を2つに分割したという話なのだ。我が家にはロンとチャチャという2頭の犬がいる。ロンは11歳で、子犬の時友人から引き取った犬だが、チャチャはロンの散歩の時に付いてきて、そのまま我が家に居着いてしまった犬だ。多分5歳ぐらいかと思う。
ron.jpg
ロン

tyatya.jpg
チャチャ

2匹のの住まいはかなり広くて、約5坪ぐらいあるかと思う。その中にロンとチャチャの犬小屋が置かれている。この犬小屋は市販のもので、特に大きかったり変わった形をしていたりするというものではない。
  inugoya.jpg
 犬達の部屋は物置と井戸屋にくっついていて、屋根の高さも物置の庇の高さがある。従って夏は涼しいと思われる。今まではロン小屋とチャチャ小屋は自由に行き来できたのだが、チャチャがうるさいのでロンがストレスを感じていたようだった。そこで二匹の部屋を分けることにしたのだ。
inugoya2.jpg

 赤線の部分は高さが約160㌢あるので、そこに幅9㌢の板を6枚立てて部屋を二つに分けた。板と板の間は5、6㌢空いているので、お互いの様子は見えるし、風は通るようになっている。
rongoya.jpg
ロンの部屋から分割した部分を見る

 チャチャの部屋は北側で日当たりは良くないが、夏は涼しい。床はコンクリートである。広さはロンの部屋の倍以上ある。
 ロンの部屋は南向きで床は板張り。11歳と老齢期に入ってきたロンは板張りの部屋のほうが寒くないので良いと思う。
tyatyagoya1.jpg
チャチャの部屋の南側と通路部分

tyatyagoya2.jpg
チャチャの部屋(北側)

 部屋を分けて犬達を入れたら、初めはチャチャが興奮してロンの部屋の方へ行こうとしたのだが、しばらくしたら落ち着いた。チャチャは雷や花火が大嫌いで、雷や花火の音がすると壁と言わず柱と言わず噛み付いて、少し弱いところはボロボロにしてしまう。今まで何度も何度も修理をしてきたが、今度分けた部屋はトタンで防護した部分が多く、板壁の部分が少ないので、部屋を破壊することは少なくなると思う。
 
 今日は領土を分割して4日め。犬達は新しい環境にすっかり慣れたようで、それぞれがゆったりと寝そべっている。分割は成功したようだ。

お盆

 旧暦のお盆、昔は私の兄妹の家族が集まって大賑わいだったが、子どもたちも成人し、今は静かなお盆になっている。昨日母の妹が母の見舞いにやってきた。今日は兄の奥さんが来るが、せいぜいそんなものだ。以前は子ども10人、大人6,7人も泊まって、民宿状態だったが。

 今年のお盆の飾りは下記のよう。だんだん簡略になっている。以前は自宅でとれた野菜などもお供えしていたが、今はほとんど野菜もつくっていないので、それも出来なくなっている。お供えするお食事も13日の朝食はこれ、昼食はこれなどと決まっていたが、今は私達の食べるものを少しずつお供えしている。

obon 1

 仏壇は押入れのようなところを少し直したものだ。昭和25年の大水害のあと、米蔵を改造して今の住まいを作った時に設置したものなので、とても簡素なつくりである。それでも仏壇のなかには家庭のものとしてはかなり大きな仏像が安置されている。

 obon 2

 この仏像は阿弥陀如来ではないかと私は思っている。昔、江戸時代の終わりか明治の初め頃に近くのお寺が廃寺になったときに譲り受けたものだそうだ。以前お坊さんから「これはなかなか良い仏様ですよ」と言われたことが有る。

 この仏像の下には いろいろ小さい仏像などが置かれている。

obon 3

 叔父が戦争の時に中国から持ち帰ったものや、タイの留学生に頂いたものなどである。一番左の三猿は私が中学校の修学旅行の時に日光で買って来たもの。

 お盆の行事も我が家ではだんだん簡素化してしまったので、民俗的には面白みが失われている。次の世代になったらもっと簡単になってしまうのかもしれない。



集団的自衛権に対する抗議声明

 広島に原爆が投下されて69年目の日に、山口県在住の河井弘志氏から以下の声明文が送られてきた。この河井氏は以前藤代に住んでおられた。ふじしろ図書館の建設にあたって建設準備委員会の委員長として、基本計画などの策定に大きな役割を果たしてくださった図書館学の専門家である。私もご一緒に活動させていただいて、いろいろ教えていただいた。

 現在河井氏は山口県の周防大島町に住んで、岩国基地にオスプレイが配備されることに反対する活動などを精力的に展開しておられる。河井氏から送られてきた声明文は以下の通りである。

集団的自衛権に対する抗議声明

 私の考えをきちんとまとめて頂いたような感じの声明文なので、河井氏のお許しを得てここに転載させていただいた。

91歳の母タブレットに挑む

 昨日のことだ。息子がタブレットで何か検索しているのを見た母が、「それで何ができるの?」と聞くので、「いろんなことが調べられるんだよ」と教えたのだそうだ。そうしたら、「便利そうだね。それいくらぐらいで買えるの?」と聞いてきたので、「買わなくても家にあるのでやってみる?」と言ったら、「やってみたい。」と答えたそうだ。
 「おばあちゃんの知りたい歌の歌詞も調べられるよ。」と言ったのが、欲しくなった理由らしい。今までも電子辞書で漢字を調べてクイズに応募していたので、キーボードのローマ字配置には対応できる。それならやってみるかということで、今日の午後私が操作を教えることになった。

写真 1

 寝たきり老人にはタブレットで遊べれば面白いかもしれない。とりあえず電源を入れて、パスコードを入力し、Googleの検索をしてみることにした。検索窓の文字は小さくて、虫眼鏡を使っても母にはなかなか見えない。それでもローマ字入力で「鎌倉 歌詞」と入れて、検索をした。歌詞はピンチアウトして拡大することができたので、「これこれ!」と喜んでいた。

 しかし、次の検索をしようとしたが、検索窓の文字が小さくて見えない。やっぱり無理かなと諦めかけた。

写真 2

 しばらくして息子が来て、「音声入力にすればいいよ」と言ったので、音声入力でやってみることにしたが、今日は疲れたので、ここまでで終了。



プロフィール

まり子

Author:まり子
茨城県取手市在住。
所属団体、
 「放射能NO!ネットワーク取手」
 「市民オンブズマンいばらき」
 「放射能からいのちと守る茨城ネット」
 「取手駅西口の住民訴訟をすすめる会」
 「谷中子ども文庫」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR