「合併促進剤の副作用」

 今朝のことだ。市民オンブズマン全国連絡会のMLで、「合併促進剤の副作用-減る交付税自治体圧迫」という記事が配信された。これには朝日新聞デジタルの記事へのリンクが貼られていた。その記事によると、市町村合併の副作用に苦しむ自治体が4月以降急増するという。これは合併前から言われていたことではあるが、現実にはじまったようだ。

 それによると2004年に合併した佐渡市は2013年度から2019年度までに予算規模は523億円が3分の2の350億円に、公共事業費は170億円が3分の1の57億円にまで縮小するという。合併後10年間は旧市町村が受け取っていた地方交付税を国が保証してくれていたが、その後の5年間で交付税を大幅に減額することが、財政縮小の原因である。

 佐渡市では2014年度から交付税の減額が始まり、2019年度には2013年度に比べて80億円も減額になるのだそうだ。

 これは他人ごとではない。取手市とて同じ道を歩むことになる。取手市は2005年3月に合併したので、2005年度が合併初年度となる。従って、2015年度から交付税の減額が始まるのだ。その上合併特例債の返済も始まる。取手市は特例債を156億円使う予定だ。もし計画した全額を使ったとすると単純計算でその3割の約47億円を返済することになる。

 合併した自治体の半数を超える市が昨年連絡協議会を立ち上げて、交付税の特例存続を国に求めており、国会議員が呼応して国に圧力をかけたため、総務省は交付税減額の緩和を自治体に示したとのことだ。しかし、減額がなくなったわけではない。

 市の借金は合併特例債だけではない。常総広域の新炉建設でも大きな借金を抱えているし、その他の借金もある。今回計画されているウェルネスプラザにも多額の借金が加わるだろう。

 これで財政は持つのだろうか?不安に思うのは私だけではあるまい。

久しぶりの銀座

 友人へのプレゼントを買いに久しぶりに銀座に出かけた。最近東京へも行ったことが無かったので、ちょっといい気分だった。目的のお店は初めて行くので、地下鉄の銀座駅からスマホのナビを頼りに行ったのだが、思ったより有楽町の駅に近かった。お店の人に親切に品選びをアドバイスしてもらって、気に入ったものを買うことが出来た。

 その後昼食、夫と2人で行ったのだが、息子からもらったお小遣いでちょっと豪華な昼食となった。出かける前、「久しぶりに行くんだからお昼ぐらい楽しんでこいよ。」と息子がお小遣いをくれたので、せっかくの気持ちを大切にしようとお店を選んだ。私は取手ではなかなか食べられない本格的なフレンチがいいと思ったのだが、夫は天ぷらがいいという。ここは買い物に付き合ってくれた夫をたてて天ぷらにする。

 ソニービル地下の「天一」と決めたのだが、エビ・カニアレルギーの私が天ぷら屋に入るのはちょっと抵抗があった。ドアを開けて、「予約なしでも入れますか?エビ・カニなしでもいいですか?」と聞くと、「大丈夫ですよ。代わりのものをお出しします。」と言われて、カウンターに座る。

 職人さんは思ったより若い方で、次々にお客の注文をこなしていく。10数人の注文を、相手の食べ具合を見ながらこなしていくのは大変だろうなと思った。カウンター席は天ぷらのコースの人が中心で、椅子席は天丼の人用らしかった。

 初めに出てきたのはスミイカ、包丁で細工がしてあるので、とても柔らかく食べやすかった。衣はサクサクでホントに美味しい。ホクホクの銀杏、私の大好きなアスパラガス、中身にやっと火が通ったという具合の帆立貝・・・。最後は掻き揚げの小さな天丼としじみの赤だし。家庭ではとても出来ない美味しい天ぷらをお腹いっぱい食べて満足の昼食だった。

 昼食の後は東京駅まで歩いて八重洲地下街をぶらぶら。夫は昔この辺りを縄張りにしていたようだが、全く変わってしまっていて案内役は務まらなかった。

水泳教室

 2月5日からグリーンスポーツセンターで「いきいき水泳」が始まった。「いきいき水泳」は65歳以上の市民が対象の講座である。私は2回めの受講。前回は8回すべて出席したが、今回は既に1回休んでしまった。休んだのは12日に行われた2回目の練習である。放射能対策課との懇談とぶつかってしまったからだ。

 昨日は3回め、クロールの息継ぎの為の腕の使い方が主な内容だった。1,2,3と水を掻いて、4回めに太ももの脇で腕を止め、1,2,3と3拍数えるというものだ。多くの受講者は腕を止めると同時に足の動きも止まってしまう。勿論私も同様だ。腕と足が連動して止まってしまうのだ。

 前回の講座ではこの練習はなかったが、息継ぎのためにはこの練習が必要だと思った。講師は一人ひとりを見て、問題点を楽しく指摘してくれる。皆お互いを見て笑いながら楽しいひと時を過ごした。

 練習の初めに行う水中歩行がとても楽しい。私はどうも泳げるようになりそうもないので、次回は水中歩行の講座に申し込むのもありかなと思っている。何回か通ううちに水泳仲間も出来て次回が楽しみになっている。

情報開示

 今日は取手市区画整理課から情報開示を受けた。
開示請求した項目は、以下の3点である。
1.取手都市計画事業取手駅北土地区画整理事業審議会の会議録及び会議の添付資料
    第1回から最新のものまで
2.取手駅北土地区画整理事業における最初に計画された造成工事の図面
3.取手駅北土地区画整理事業において、造成工事に変更があった場合は、変更の際の図面

 区画整理課からは課長補佐ほか3名の職員が来て、開示資料の説明をしたり私の質問に答えたりした。開示に際して非常に問題だと思ったのは、取手市の公文書の保管についてである。取手市の公文書は「取手市文書管理規則」に基いて管理されているのだが、その規則自体が問題だと思った。その訳は、開示請求の1番目、審議会の会議録だが、古いものは既に廃棄処分になっているのだ。事業が終わらないうちに関係書類を処分するというのは文書管理として大いに問題が有る。その事業を検証しようとしても、既に文書が廃棄されていたのでは検証のしようがない。せめて事業終了後何年間かは保管しておくべきであろう。この点について課長補佐に指摘し、全庁的に文書管理の規則を改めるよう部長に具申してほしいと伝えておいた。

 私が知りたかったのはこの土地区画整理事業の当初の計画についてであるが、既に会議録も廃棄されているので、検証できないのだ。裁判に使いたかったので非常に困惑している。

 

確定申告

今日から確定申告の受付が始まった。もうだいぶ昔から確定申告は自分で行っている。以前は税理士に頼んでいたが、友人が自分でやっているというのを聞いて私も自分でやるようになったのだ。税理士に払っていたお金を浮かす事ができて嬉しかった。今は国税庁のホームページを使うと計算もしなくて良いので、昔よりずっと簡単になったと思う。

 毎年受付の初日に提出することにしている。議員の頃は所得税が還付されることがあったのだが、今年からは還付されることはなく納税するのみ。自分で納税すると税に対する意識が強くなる。以前教員をしていた頃は源泉徴収なので税のことを気にすることはほとんど無かったが、今は自分がいくら税を払っているかはっきりと分かるので、税を正しく使ってもらいたいという気持ちが強くなった。

 書類を整えて龍ケ崎税務署に行ったら、結構混雑していた。申告する人は少なかったが、説明を聞く人が大勢きていたからだ。車の列に並んでいたら、丁度私のまえで車が1台出て行ったので、すっと入ることができてラッキーだった。

 今年の申告書を作る中で、過去何年もアパートの必要経費を過少申告していたことに気がついた。私はアパートの建物の固定資産税だけを必要経費としていたが、土地にかかる固定資産税も必要経費にできることに気がついたのだ。ああ、何年も余計な税金を払ってしまった。これから校正の申告をして過去5年分は還付してもらわなければ。

続きを読む

ソチオリンピック観戦

 連日ソチオリンピックの放送を楽しんでいる。今まで練習してきたことを存分に発揮できた選手、惜しくも実力を出しきれなかった選手がいるが、中でも高梨沙羅選手は残念な結果だった。日本中が高梨選手は金メダルと思っていたが、惜しくも4位。実力は確実に世界一だと思うが、本番ではその力を発揮できなかった。悔しかったろう、悲しかったろう。それでもしっかりとインタビューに答えた17歳の沙羅ちゃんに大きな拍手を送りたい。次のオリンピックはきっと良い結果を出してくれると思う。
 
 スノーボード・ハーフパイプの平野選手、平岡選手は銀・銅のメダリストとなった。彼らのインタビューもとても好感がもてた。メダリストとなっても奢ること無く冷静に受け答えしている。今後の更なく活躍が期待できそうだ。

 スノーボードではスロープスタイルも見応えがあった。残念ながら角野選手はメダルを逃したが、素晴らしく高いエアには驚いた。複雑な回転技、どうやって身につけたのだろうと思う。彼も今後が楽しみな選手だ。

 羽生結弦選手の金メダルは日本中を喜ばせたと思う。彼もまだ10代。今回のオリンピックは10代の選手の活躍が光る。彼の美しいジャンプに魅せられた。体の軸がまっすぐで回転が早い。
 私は高橋大輔選手が好きなのだが、彼は残念ながらメダルを逸した。それでも情感豊かなスケーティングだった。彼の表現力は今でも世界のトップではないだろうか。大ちゃんのスケートには色香が漂う。

 ノルディック複合でも20年ぶりという銀メダルがとれて、皆を喜ばせてくれた。

 上村愛子選手のモーグルでは採点競技の難しさを感じた。スピードも1回めより早く、ターンも素晴らしかったのに点数が思ったように出なかった。見ていて不満に感じた。上村選手は点数は点数ですからと言っていたが、内心は納得出来なかったのではないかと思う。それでも彼女の晴れやかな笑顔が見られて良かった。

 これから葛西紀明選手のジャンプ、フィギュアの女性陣の活躍が期待される。当分オリンピックから目が離せない。

公益財団法人「震災復興支援放射能対策研究所」

 今日の東京新聞に「無料検査『力尽きるまで』」という記事があった。福島県平田村の民間病院内にある公益財団法人「震災復興放射能対策研究所」のことを書いた記事だ。この研究所では年齢や居住地に関係なく無料で検査を行っているという。今までに延べ5万人の検査をおこなったが、すべて病院の収入と企業や個人からの寄付でまかなっているとのこと。国や県に資金援助を求めているが叶わないそうだ。
 この研究所では「放射能への不安が薄れつつあるが、今後10年間は半年に一度の検査をしてほしい」と受検者に呼びかけており、継続した検査の重要性を説いているとのことだ。

 ホームページを見てみたら、とてもわかり易く放射能検査の必要性が書かれている。自治体との連携をすすめており、連携自治体の住民の検査は優先されると書かれていた。茨城県では牛久市が提携している。取手市も提携を申し出てほしいと思った。

このような研究所があることを私は今日まで知らなかったが、皆さまも是非一度このホームページを訪れてみてほしい。この研究所の活動が広く認められ長く続くよう願っている。

ひらた放射能検査センター

母の91歳の誕生日

 今日は母の91歳の誕生日。母は大正12年2月13日生まれ、我が家では一番の長生きとなったようだ。今日は兄・妹・弟の奥さん・それに私と私の夫・私の息子の6人が病室に集まって「ハッピーバースデイ」を歌って祝った。知り合いのケーキ屋さんに頼んでおいたケーキを母に見せてから包丁をいれる。この頃あまり食欲のない母だがケーキを一切れ全部食べた。嬉しかったのだろう。
 
 暫くみんなで話をしたりして、兄妹たちは帰っていった。「明日はフィギュアスケートのテレビがあるよ」と教えてやったら、「今日は何日なの?」ときた。「えーっ、さっき皆でおばあちゃんの誕生祝いをやったじゃない。だから2月13日でしょうよ。」と言うと、ふうんというような顔をした。

 普段と変わらない日もあれば、今日のように良くわからないことを言う日もある。人生の終わりってこんなものなのかもしれない。

ブログ再開

 4ヶ月近くもブログをさぼってしまった。11月1日に母が大動脈解離で倒れ市内の入院したのがきっかけで、ブログを休むようになってしまったのだ。
 一時はすぐにも亡くなるかと言われ、私達子どもも動揺したが、母は驚くばかりの生命力で生命をつないでいる。明日は91歳の誕生日を迎えるが、今でもベッドに座って食事をとっている。頭はだいぶ弱ってきており、時々おかしなことを言うが、日によっては非常にはっきりしていて、入院前と変わらないこともある。母の最期の日々を少しでも豊に過ごさせてやりたいと思い、毎日病院通いをしている。

 母が少し落ち着いた12月中旬、今度は夫が網膜剥離で入院し手術をした。こちらは大学病院で手術するようにと言われたので、阿見の東京医大病院に入院したものだから、阿見と市内の病院を行き来する日々が続いた。阿見の病院までは車で40から50分かかる。3時からの面会なので、2時頃家を出て帰りは4時半から5時。12月末の日暮れは早く、帰ってから市内の病院に母を見舞い、その後息子が帰ってきたら2頭の犬の散歩。何だか気ぜわしい毎日だった。
 夫は暮れも押し詰まった12月28日に退院したが、車の運転が出来ないので、出かけるときは私が足となった。

 こんな具合でオンブズマン活動も休止状態だし、放射能関係の会合も休みがちになってしまった。
 
 最近になってやっと少しずつ活動を再開した。一緒に活動している仲間の皆さんにはいろいろご迷惑をかけてしまったが、これからはまた少しずつでも活動を続けながらブログも書いていこうと思っている。
プロフィール

まり子

Author:まり子
茨城県取手市在住。
所属団体、
 「放射能NO!ネットワーク取手」
 「市民オンブズマンいばらき」
 「放射能からいのちと守る茨城ネット」
 「取手駅西口の住民訴訟をすすめる会」
 「谷中子ども文庫」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR