まるで不死鳥のごとく

2ヶ月もブログをサボってしまった。Facebookの方が簡単なのでついついFacebookばかりやっていたからだ。
ところで、寝たきり状態の母はこのところ調子が変化しやすく、家族を心配させたり喜ばせたりしている。
一昨日の金曜日(28日)は一日中眠りっぱなしで、体を揺すっても起きない、薬も飲ませられないし食事もしない。血中酸素濃度も60%台にまで落ちたりして、顔色は悪いしむくんでいるし最悪の状態だった。訪問看護師も心配して医師に相談してくれたりしたが、状態は変わらなかった。お昼すぎにかかりつけの医師が来てくださって利尿剤の注射をしてくれたので、午後は少し尿量も増えたが、相変わらず無反応で、いよいよ最期が近づいたかと思った。ケアマネージャーの方は、東京に住む私の息子や柏に住む私の妹を呼んだほうが良いという。とにかくあまり時間はないという感じだったので、私の息子、兄、弟、妹に電話をしたら夜にはみんな集まった。

ところが夜近くなって、私が「真也(弟)が来ているよ」と耳元で大声を出したら聞こえたらしく、急に様子が変わってきた。水を飲みたいというので、水を飲ませたら、アイスクリームがほしいという。冷蔵庫を見たら母の好きなバニラは無かったので、息子が急いで買いに行った。するとそのアイスクリームを1つぺろりと平らげ、少し元気になってきた。

そして、翌日、朝起きてみると顔のむくみも取れて唇の色も元に戻っていた。声をかけたら返事をするので、血圧を測ると150以上あって、これは血圧を下げねばと思い、訪問看護ステーションに電話をして投薬の指示をうけた。母は大動脈解離を患っているので、血圧を上げてはいけないのだ。錠剤を砕いて飲ませたら、しばらくして血圧は正常に戻った。
食事も取れるようになって、前日の母とはまるで別人のように元気になった。ケアマネージャーさんが来てくれて、「お婆ちゃんは医学を超えているから」と笑っていた。とりあえず母は復活した。

 だいたい92歳で大動脈解離を患い生きていることが不思議なくらいなのだそうだ。大動脈解離と診断された時は5分後に死んでもおかしくないと言われたのに、それからもう1年と10ヶ月になる。医学会に発表したいくらいだと先生も驚いているのだ。その母が死にそうな状態からまた復活した。まるで不死鳥のごとく。

奇跡の人?

 母は92歳になったが、相変わらず良く寝、よく食べ平穏な日々を送っている。先日訪問診療のお医者様がみえて、「この人は学会に発表してもいいくらいね。」とおっしゃった。ケアマネージャーも「フミさんはもう医療の常識を超えてるからこれからどうなるか想像がつかない。」と言っておられる。

 一昨年の11月に大動脈解離で入院し、5ヶ月後に退院した。90歳で大動脈解離を患って生きていることがまずあり得ないことらしい。若い人ならすぐに手術して命を取り留めるというような大病なのだが、高齢のため手術もできず、安静にして様子をみていたら、状態が安定して現在に至っているのだ。発症した頃は、「5分後に亡くなってもおかしくない」と言われていたのがまるで嘘のようだ。もしかして母は奇跡の人?

あいうべ体操

 この間の日曜日は母の歯科検診の日だった。介護予防の観点から歯の衛生管理をして頂いている。歯の清掃の後「あいうべ体操」というのを教えて頂いた。

 「あいうべ体操」というのは嚥下障害になるのを防ぐために口の周りの筋肉を強化する体操のこと。まず大きく口をあけて「あー」と5秒間のばす。次に「いー」と5秒間。この時唇をでき得る限り左右に引っ張るようにする。次は「うー」。これも5秒間だが唇を尖らせて突き出すようにする。最後は舌を伸ばせるだけ伸ばして「べー」と5秒間。そのあと出した舌を左右に10回動かして終了。「あいうべ」が終わった後は唇の周りと頬のあたりを両手でさすって緊張を緩める。

 この体操をして唇の周りの筋肉を鍛えておくと、いつまでも自分の口でものを食べることが出来るようになるとのこと。胃ろうなどにならないためには重要なことだそうだ。

 母にも毎日3度の食事の後にこの体操をやらせるようにしたのだが、私達もやったほうが良いのだと歯科医の先生はおっしゃる。だが、母と一緒にやってみると、なんだかおかしくて笑い出しそうになってしまう。

歯科の訪問診療

 今日は母の歯科訪問診療の日だった。この前母の義歯をひっかけている歯が抜けてしまって、歯科の治療を受けたのだが、その時高齢者の誤嚥性肺炎を防ぐために定期的な検診を行いましょうかと提案をうけた。これは願ってもないことだと思ったので、早速お願いしたのだ。

 午後4時過ぎお二人で来てくださった。おひとりは歯科医師で、もう一人は事務の方かと思う。先生が早速母の口内の清掃をしてくださる。先の尖った器具で歯と歯の間の歯垢を取り除き、その後歯ブラシで丁寧に磨く。いつもブラシが届かないところがあるらしく、細かいところまで丁寧に磨いて下さるのだ。その後は薬液によるうがい。これを20秒から30秒ぐらいしっかりやらせる。

 最近は「地獄の歯磨き」と言って、家族が見張りながら毎食後かなり丁寧に磨かせているのだが、それでもブラシの届かないところがあるようだ。まだ自分で磨けるので、私達が磨いてやる必用は無いとのこと。特に夕食後をしっかり磨くようにとのご指導があった。

 20分ぐらいの歯科検診ですっかりきれいになったようで、私達も安心である。

訪問入浴

 現在母は週に1回訪問入浴を利用している。私は訪問入浴というシステムがあることは以前から知っていたが、どんなふうに行うのかという実際は何も知らなかった。母がこのサービスを利用するようになって、素晴らしいサービスだということを実感している。

 まず床に防水シートを敷いて2分割された浴槽をセットする。
nyuyoku1.jpg

 そこに車で沸かしたお湯を張る。入浴サービスの車には大きな湯沸し器が付いていて、その場でお湯を沸かすことができる。このお湯はマンションの3階か4階ぐらいまで上げることができるそうだ。駐車場から母の病室までは少し距離があるので心配していたが、長いホースがあるので、何の問題もなかった。

 次に、お湯を張った浴槽にハンモックのような白い網状のものを取り付ける
nyuyoku2.jpg

 このハンモックのようなものの上に利用者を寝かせて入浴させるのだ。ここに寝た状態で体重を測ることもできる。

 母は介助者2人に抱きかかえられて浴槽につかる。頭から足先まで丁寧に洗ってもらうのだ。
nyuyoku3.jpg

 体が温まってとても気持ちよさそうだ。希望すれば爪切りや耳の掃除などもしてくれる。看護師が付いてきて、入浴前と入浴後に体調管理もしてくれるのでとても安心。母が入浴している間にベッドのシーツ交換もしてくれるので、私は非常に助かっている。

 介護保険が無かった時代はどうやっていたのだろうと考えると、今の高齢者はこんなサービスを受けられてずいぶん暮らしやすくなっていると思う。サービスをするのは大変な仕事だと思うが、皆とてもやさしく母に接してくれて有難い。


プロフィール

まり子

Author:まり子
茨城県取手市在住。
所属団体、
 「放射能NO!ネットワーク取手」
 「市民オンブズマンいばらき」
 「放射能からいのちと守る茨城ネット」
 「取手駅西口の住民訴訟をすすめる会」
 「谷中子ども文庫」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR