心臓検診結果の説明会

 今日は取手市の放射線対策課を所管するまちづくり振興部長、健康福祉部長、保健センター長と保健師に対してわたしたちが調査してきた心臓検診結果について説明をした。これまでに教育委員会・市長に対して説明をしてきたので、これで3回めの説明となる。

 まず池田議員がこの問題に取り組んだ経緯を話し、その後心臓検診の取りまとめをしている「とりで生活者ネットワーク」の代表からデータについての説明をした。市の職員さんたちは熱心に説明を聞いてくれて、いくつかの質問も出された。

 私たちは検診結果から、心臓検診をもっと密に行ってほしいと要望したが、そのことに対する返事はもらえなかった。二次検査未受診の子どもたちに対して、是非受診するよう指導してほしいという要望に対しては、教育委員会で対応するということだった。

 私たちは心臓検診で異常が増えている現象を放射能の影響だと断定しているわけではないが、放射能の影響も疑われるとは考えている。セシウムが心筋に付着するという説があるからだ。まだまだ未解明のことも多いようで、私達のような素人が軽々しく判断できる問題でないことは重々承知している。

 私たちはこれからもデータを集め、もっと勉強していくつもりである。そして、国や自治体に対して子どもたちの健康調査の充実を求めていかなければならないと思っている。
プロフィール

まり子

Author:まり子
茨城県取手市在住。
所属団体、
 「放射能NO!ネットワーク取手」
 「市民オンブズマンいばらき」
 「放射能からいのちと守る茨城ネット」
 「取手駅西口の住民訴訟をすすめる会」
 「谷中子ども文庫」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR