我が家の梅ものがたり その1

 随分長い間ブログをさぼっていた。Facebookには結構頻繁に投稿していたのだが、ブログの方はほったらかしにしてしまった。その間に母を見送り、既に4ヶ月以上過ぎた。また少しずつブログを書いてみようかと思っている。

 今日は我が家の梅干つくりについて。
今年は梅が不作で、あまり多くは取れなかったが、それでも33キロの収穫だった。そのうち5キロを叔母に送り、残りを我が家の梅干しにした。一粒ずつ洗ってヘタをとりながら点検すると結構駄目なのもあって、漬けられたのは23キロ。IMG_2262.jpg
我が家では塩分12%で漬けることにしている。ずっと以前は18%だったが、徐々に減らして、昨年からは12%に落ち着いた。

 今年は熟しているものもかなりあったので、青味が残っている梅と熟して黄色くなった梅を分けて漬けた。それが6月14日。IMG_2263.jpg

 それから毎日桶を覗いて梅の様子を見ていると、青い梅を漬けた方の梅酢が少し濁り始めた。これは発酵が始まってしまったのだと思って、どうしようかと考える。ネットで調べてみると、梅をすべて取り出して、梅酢を煮沸すると書かれていた。その際酸が強いので、ホウロウの鍋を使うよう注意書きがされていた。我が家にはこれだけの梅酢が入るようなホウロウの鍋がない。仕方がないので少し大きいホウロウ鍋を探したら、amazonで安売りをしているのが見つかった。さっそくそれを購入。

 翌日届いたので、梅を取り出し、梅酢を煮沸する。梅酢が冷める間に梅を一つ一つ焼酎であらう。梅酢が冷めたところで、一粒ずつ塩をまぶして漬け込んだ。したがって、今年の梅干しは12%よりやや塩分が強くなった。

 梅はすべて取ったと思っても、取り残しがあり、毎日落ちる。落ちたのは完熟なので、それを拾って再び梅干し用に漬けた。それが約2キロ。これはガラス瓶に入れて、ビニール袋に入れた水で重石にした。

 6月25日、紫蘇漬けにする紫蘇を買ってきて、よくアク抜きをする。IMG_2286.jpg
紫蘇の葉を茎から外して、塩を振りよく揉むと、泡が出て絞ると黒っぽい水が出る。これを2回繰り返してアク抜きが終了。それぞれの桶と瓶に紫蘇をいれ重石をする。

 翌日には梅酢がきれいな紫色になった。煮沸した梅酢もすっかりきれいになり、透明な紫色をしている。IMG_2296.jpgIMG_2297.jpg

 これらの梅干したちを毎日点検していると、なんだか可愛くなってしまう。こんな気持になったのは初めてだが、可愛い梅干したちを土用干まで毎日点検していこうと思っている。

04/16のツイートまとめ

emoemok

驚きのニュースだ。野党は徹底的に追求してほしい。「辺野古が唯一の解決策」という大嘘が米国側から否定された | 新党憲法9条 https://t.co/pJxl6vUv4q
04-16 14:37

孫サンタ

 少し古い話になってしまったが、クリスマスに母が目を覚ますと枕元にサンタからのプレゼントが置かれていた。大きな紺色の袋にきれいなリボンが付けられていた。
 母は大喜びで、私に包を開けさせたところ、出てきたのは真新しい鍵盤ハーモニカだった。今まで使っていたのは唾がはいったりして不潔になってしまったので、新しいものが贈られたのだ。母は毎日鍵盤ハーモニカを弾いているので、このプレゼントには大いに気に入ったようだった。
Xmasプレゼント

もうすぐ94歳になる我が家のミュージシャンの演奏です。寝たきりですが、これで楽しんでいます。
[広告] VPS






例規集

 少し前の話になるが、5日の水曜日、柳田邦男講演会の実績報告書を提出しに保健センターへ行った。取手市と取手市教育委員会の後援をいただいたので、実施後1ヶ月以内に実績報告書を提出することになっていたからだ。
 そこで一つ問題が起きた。実績報告書に代表者の印鑑がないから受け取れないと言われたのだ。私たちは取手市例規集の『取手市後援名義使用取扱要項』を見て、そこにある書式(様式第7号)に従って、そのとおりに報告書を作って持って行ったのだ。例規集の書式には印鑑の表示はなかった。それで印鑑なしを承知で持っていったのだった。保健センターで受け付けた人に「例規集には印鑑とは書かれていなかったので、これでOKのはずだ」と言ったのだが、やはり印鑑を押したものがほしいと言われた。押し問答をしていても拉致があかないので、それでは印鑑を押したものを後日郵送するということにして了解してもらった。受付の人は、私達の報告書をコピーしてから原本を返してくれた。

 これは明らかに間違った対応だと思う。例規集に印鑑の表示がない以上、あの報告書は受領されるべきなのだ。印鑑が必要なら、例規集にその旨きちんと表示して置かなければならない。帰宅後法制の担当者に電話して、この旨をつたえ、早期に例規集を訂正するよう申し入れるとともに、「当方の報告書はそのまま受領されるべきだったのですよね」と言ってみたが、肯定も否定もせず、返答はなかった。都合が悪いと返答しないのは問題だ。こうしたときの対応の仕方をきちんとしなければ、市民の信頼を得られなくなる。取手市の職員教育を再考してほしいと思った。

09/12のツイートまとめ

emoemok

「放射能NО!ネットワーク取手」のブログを更新しました。10日に行われた柳田邦男講演会の報告です。https://t.co/3OipDfqiYz
09-12 22:09

プロフィール

まり子

Author:まり子
茨城県取手市在住。
所属団体、
 「放射能NO!ネットワーク取手」
 「市民オンブズマンいばらき」
 「放射能からいのちと守る茨城ネット」
 「取手駅西口の住民訴訟をすすめる会」
 「谷中子ども文庫」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR